bbbb やっさしいがな!!中央アメリカ(5)

その5・戒厳令下のエルサルバドル

この作文も今号で5回を数えることとなった。ギャラリー・グロスのHPと真摯に向 きあっているお客様の誰かからイチャモンが入り、2、3回あたりで撤退を余儀なく されるのでは? と楽しみにしていたのだけれど。
楽しみ? そうなのです。イチャ モンが入り、このHP管理責任者のミスター川本がどう対応するか? そういう事態勃 発に興味津々という不埒な姿勢のオレがいたりするのですね。撤退となれば、オレは もちろんゴネさせてもらうからケケッ!!
 で、なんでこんな事を記すかといえば、ミスター川本が現在使用しているPC(お客 様が来店しているにもかかわらずカウンター内でカチカチやってるやつ)は、クレド ビル近くにあった今は亡きデオデオの閉店セールで、オレがそのPCの前に立って5時 間悩み・考え抜き、価格の三分の一の値を12回払いで購入した物件。それを、¥5 000+グロスcaffeチケット一枚綴りで略奪されたいわく付きのPCなのですよ。
 ミスター川本は、やる時はやる男だからなあ!! やっさしいですわホンマ!!  真実を知りたい方は、カウンター内でカチカチコソコソやっているミスター川本に直 接問うてください。事実と異なる内容を語る可能性も、なきにしもあらずですから注 意して臨みましょうね。
 とはいえミスター川本はスコブル寛大なお心の持ち主。この作文はミスターにメー ル送信し、ミスターの手によってここに掲載されているのだから。真実を暴露され腹 も立つでしょう。しかし、約束は約束という基本姿勢を保とうと努力するミスターの 心根が素晴らしい。その約束とは、作文に赤を入れない。
 さてと、本題に入りますか。老婆心だけど、この作文は、軽くいい加減な気持ちで 読んでいただくことを推奨いたします。真摯に立ち向かうと脳みそがフリーズでアウ トーー。
 オレが初めて中米に足を踏み込んだとき、グアテマラ、エルサルバドルそしてニカ ラグアは内戦下にあった。で、ここで説明しておかなければならないことがある。中 米と呼んでいるけれど、中米とはいったいどこの国々なのか? ということ。オレが いろんな資料や現地で聞き及んだ結果では、グアテマラ・ベリーズ・エルサルバドル・ ニカラグアそしてコスタリカの5国。メキシコ合衆国とかパナマも中米に位置づけら れることも屡々あるが、オレの結論では上記5カ国だ。ベリーズ。聞き慣れない国だ と思うけれど、こんな国があるのですね。もっと先まで続いたら、あまり書くことも ないけど努力し記憶を整理してここにアップいたします。
 もっとも内戦下と書いたけれど、どの国でも都市部で反政府軍がドンパチ攻撃をし かけてくるという時代は過ぎ去り、反政府軍がかなり追いつめられた状況はどの国で も共通していた。ただ、エルサルバドルに限っては邦人退避勧告も発動されていた時 期で、午後8時からは戒厳令下でもあった。だいたいこの時、エルサルバドルの日本 大使館は閉館しており、政治的レベルでの正式な日本との国交はなかった。
 国交がなくなったのには理由がある。在エルサルバドルの邦人が反政府軍、簡単に 言ってしまえばゲリラだが、その反政府ゲリラに邦人のお偉いさんが誘拐され殺害さ れたからだ。もっとも、町中ではTOYOTA・NISSANのロゴマーク入りの車ばかりが目立 ち、民間レベル、商社マンは販路拡大に努力していたご様子。
 そうそう。オレが日本を発つ前、エルサルバドルの情報が欲しくて在日本エルサル バドル大使館を電話帳で調べた。国交がないのだから、そんなものは存在しないのだ けれど、大阪だったかな? UCCコーヒーの会社内に事務手続きをするような事務所 が設けられていた。が、オレが欲しい資料はないとのことだった。
 「エルサルバドルのどの辺りがヤバイですかね?」  こんな質問に対する回答など持ち合わせていなかった。
 なんだかんだと書き進めてはいるが、オレが中米を目指した最大の理由は、内戦下 でドンパチやっている最中の写真を撮影したかったからだ。結局無理だったけど、そ れを目指して、一発屋、“身を捨ててこそ浮かぶ世もあれ”という心境になりきって はいた。自己責任などまったく持ち合わせていなかったし、逆に、それまで50カ国 近い国々を旅し、バックパッカーとか貧乏旅行者に対して日本大使館の窓口がいかに 冷酷な態度を見せるか知り抜いていたからだ。ハッキリ言う。オレは日本大使館とは 言っていない。日本大使館窓口だ。ここはだいたい現地雇いの日本人のオバチャンな どがドカーンと偉そうにふんぞり返っていることが多かった。たぶん? と想像する。 大使館内で虐げられているのでは? と。階級社会。窓口のオバチャンのストレスの はけぐちはオレたちのような貧乏日本人旅行者に向けられる。日本人の屑のように罵 られたこともあったのだから。
 貧乏旅行者は日本大使館を避ける。正に、退避勧告だ。やっさしいでホンマ!!
 オット!! 話しが大きく逸脱してしまったなあ!! 誠に遺憾の極みであります。
来号は、正しい“やっさしいがな中米”で奮起致しますことをここにお約束して、ア ディオス・セニョリータス・セニョリートス。

戒厳令下のエルサルバドルの首都サンサルバドル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップにもどる